海外旅行損害保険

 

 

海外旅行傷害保険が自動付帯のカード

海外旅行へ行くときに空港で保険会社の損害保険に入る人もいるのではないでしょうか?こんなとき、カードによっては海外旅行損害保険がついているカードがあります。といっても多くのカードは利用付帯といってそのカードでツアー代金や飛行機の搭乗券を買わないと保険がつかない物が多いです。カードによっては旅行中のすべての移動手段に対してカードで決済しないといけないものまであるので利用条件的には厳しいものがあります。一方自動付帯というのは、カードで決済しなくても持っているだけで保険がついてくるカードです。この自動付帯のカードの多くはゴールドカードのような年会費がかかりグレードが高いカードになります。しかし、中には年会費無料のカードで自動付帯してくるカードもあります。このようなカードは持っているだけで保険に入っていることになるので決済に使う予定がなくても持っておいたほうがいいということになります。

海外旅行に行かないという方には関係のない話ですが、海外の病院は日本国内のように健康保険が効きませんし、傷病内容によっては数百万の治療費が請求されることがあります。備えあれば憂いなしといいますし、旅行行かれる方は持っておいて損はないと思います。

てか、陸マイラー目指してて海外旅行いかんわ言う人はあんまりいないと思うので皆さん入っておきましょ是非。

nangock的おすすめカードはこちらです

エポスカード

都心部に展開する百貨店のマルイのグループ会社が発行しているエポスカードです。マルイでのお買い物はもちろんのこと全国展開しているチェーン店でもカード提示の優待があり、保険抜きにしてもオトクなカードです(笑笑・魚民などの居酒屋やロイヤルホスト・ジャンカラなどのカラオケ店なども)。年会費は永年無料。

このカードの最大の特徴はなんといっても自動付帯の海外旅行損害保険です。年会費無料のカードではトップクラスの傷害治療が200万円、疾病治療が270万円までカバーされるカードです。この金額まで保障されるのはかなりすごいことです。旅好きの方はもちろん陸マイラーなら絶対発行して損はありませんし、発行した後も保有し続けるべきカードです。強制解約なんてことにならないように月一回100円位決済に使うくらいでもいいので、このカードは持っておきましょう。

障害 死亡・後遺障害 500万円
治療費用 200万円
疾病 治療費用 270万円

詳しい保証内容はこちらをご覧ください。

[blogcard url=”https://www.eposcard.co.jp/benefit/oversea/insurance.html″]

 

 

REX CARD Lite・横浜インビテーションカード

障害 死亡・後遺障害 2000万円
治療費用 200万円
疾病 治療費用 200万円

詳しい保証内容はこちらをご覧ください。

[blogcard url=”http://www.jaccs.co.jp/service/cardservice/travelservice/kaigai/travelinsurance/″]

 

JCB EIT

JCBのリボ払い専用カードです。

障害 死亡・後遺障害 2000万円
治療費用 100万円
疾病 治療費用 100万円

詳しい保証内容はこちらをご覧ください。

[blogcard url=”https://insurance.jcb.co.jp/additionalhokennologin/init?attend_group_no=00018&attend_group_type=1&card_name=JCB%20EIT%EF%BC%88%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%20%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88%EF%BC%89″]

自動付帯カードの重複所有による補償額の重ねがけ

自動付帯の海外旅行損害保険ですが、死亡・後遺障害の保障は他のカードの補償額と重ねがけができます。

たとえばエポスカードと横浜インビテーションカードを持っていると、海外で病気にかかって治療する際、補償額は270+200で470万円まで補償額が増えます。

ただし、カードの発行会社が異なっていないと重ねがけができないので注意してください。REX CARD Liteと横浜インビテーションカードは同じジャックスカードが発行しているので重ねがけはできません。

海外で大きな病気にかかってしまうと1000万円近く手術費用がかかってしまうこともありますので、ぜひ自動付帯カードの重ねがけをしておきましょう。