ANAプリペイド新規加入で1000円もらってしまいましょう!

ANAマイル

ANAプリペイドカード(VISA・JCBブランドのチャージ型クレジットカード)が本日よりキャンペーンが始まりました。

以前からVISAのプリペイドカードはありましたが、今回JCBのカードも発行されるということでJCBだけでなくVISAでもキャンペーンが開催されています。

[blogcard url=”https://www.ana.co.jp/amc/promo/ana-prepaidcard/″]

プリペイドカードとは?

プリペードカードは、チャージした分しか使えない金券のようなものです。交通系ICカードなんかはオートチャージ設定していない限り自分で入金した分しか使えないのでこれもプリペイドカードの一種です。このANAプリペイドカードはそのクレジットカード版です。チャージした残高内でクレジットカードが利用できます。

プリペイドカードの歴史

18歳未満や高校生の方がクレジットカードを持つには、数年前までは親御さんの家族カードしか選択肢がありませんでした。ネット通販などでは数十年前からカード決済が主流でしたので、高校生が通販で購入できない事態になっていました。後払い決済などが普及しだしたのはごく最近のことなので、数年前の高校生は通販するのに本当に苦労したんですね。

そのときに、スルガ銀行や楽天銀行(その当時はイーバンク銀行)などの極小数の銀行さんが使った分を口座から即引き落としする与信審査不要のクレジットカードを開発しました。これはデビットカードと呼ばれます。日本では十数年前から口座と直結させる買い物システムのJデビットと呼ばれるものがありましたが、スーパーなどでしか利用できませんでした。

スルガ銀行などから新しく誕生したデビットカードはVISAブランドだったので、全世界のVISA加盟店を利用することができました。このVISAデビットは与信審査不要なので高校生でも作ることができます。また、信用情報に何かしらの悪いクレヒスが残ってしまっていても、そもそも信用情報の照会を行わないのでデビットなら発行できることもありました。

ただ、日本人は相変わらず現金主義の人が多いので、盗難の被害にあったら全財産持って行かれてしまう危険性を心配したり、自分自身が使いすぎてしまう心配があります。

そこで誕生したのがプリペイドという日本人に馴染みのあるシステム。使えるのはチャージした分だけというシステムを採用して、今どんどん日本に普及していってるのがプリペイド型クレジットカードです。

どんなときに使えるのか!?

  • 高校生だけどクレジットカードを作りたい方
  • 海外旅行で盗難が心配な方(最悪チャージ金額だけの損失で済みます)
  • 不正利用が心配な方(最悪~)
  • 自分の金銭コントロール能力が低いと思われている方

などですね。

貯金をしたいなというときに一ヶ月でこれだけしか使わないと決めた額だけ給料日に入金しておけば、無駄遣いを防げるかもしれません。

また、不正利用や盗難を心配する人でも、財布を落としてしまっても最悪カード残高だけの損失で済みます。(財布の中身の現金はっていう話ですけどそれは知らない。)一応プリペイドでも不正利用の保証はあるようですが、サポートが平日の昼間だけとか言うところも多いのであんまり当てにしないほうがいいですね。

ANAプリペイドカードのメリット

カードの利用でANAマイルが貯まる

カードの利用1000円につき5ANAマイルが獲得できます。還元率は0.5%ですが、デビットやプリペイドカードは何処ともこんなもんですし、マイルの価値を考えればそこまで悪い数字ではありません。

15歳以上なら入会できる

プリペイドなので与信審査はありません。収入がない高校生でも15歳以上なら本人確認の上発行することができます。

ANAプリペイドカードのデメリット

ANAカードの各種サービスがない

ANAプリペイドカードはANAカードではないのでANAカードの各種サービスが適用されません。なので次のことが利用できません。

  • ANAカード限定の運賃
  • 国内線の2日前座席開放
  • マイルの積算率優遇
  • スマートU25のマイル積算率優遇
  • 機内販売の割引
  • ANAプラスマイルのマイル積算優遇(ANA特約店のマイル倍付けなど)
  • 電子マネー機能(Edyなど)

すぐにオーソリーできないところでは使えない

ANAプリペイドカードにはSuicaのように残高情報のデータはありません。なので、利用ごとにセンターに問い合わせてオーソリー(このカードが使えるかどうか)する必要があります。例えば飛行機の中だったり、海外で通信回線が安定していないところだったりすると利用できません。なので、ANAのプリペイドカードですがANAの機内販売では利用できないことになります。

いちいちチャージしないといけない

最大のデメリットですね。いちいちチャージしないといけません。めんどうです。

しかも、VISAは三井住友カード以外からのチャージに1回200円の手数料を徴収します。銀行の手数料でもあるまいし…

保証がないに等しい

不正利用のコールセンターが24時間でないところがけっこうある!平日の昼間しかやってないとかお話にならない所も多いのです。不正利用されたら利用者がすぐに気づいてWEBで利用停止手続きしてねってことなんでしょうけど寝てるときとか海外行ってたら難しいよね~。(なんだか口が悪くなってきました…)

ぶっちゃけ言うと、

  • VISAは無くそうが盗難されようが保証は一切行わない!
  • JCBは60日前まで遡って保証することがあるよ!!

こんな感じです。JCBのほうが安心できますね…

まとめ

なので、ANAプリペイドカード、正直いらない!!使いにくいね!

 

 

といってしまうと、この後のキャンペーンの紹介がぺらっぺらになってしまいますが、結構素晴らしいキャンペーンなので、ぜひ皆さん参加しましょう!!(手のひら返s

 

キャンペーンの詳細

①VISA・JCB対象。5000円以上のチャージでマイルを貰おう!

期間:2017年4月17日-6月30日

期間中の入会と累計5000円以上のチャージで抽選で500名様に1000ANAマイルをプレゼントされます。

対象のカードはANAVISAプリペイド・ANAJCBプリペイド。マイルの積算は8月までに付与されるそうです。

②JCBのみ対象。3000円以上のチャージで1000円もれなくプレゼント!!

期間:2017年4月17日-7月31日

期間中の入会と累計3000円以上のチャージでプリペイドカードにチャージできる1000円分のバリューをもれなくプレゼントです!

チャージ方法はローソンでの現金チャージ・JCBカードでのチャージどちらでもOKです。

 

ほんとのまとめ

正直、このキャンペーンはJCBの方しか乗っからない方がいいと思います。VISAに至ってはチャージするのに手数料取られるわそのくせに盗難時の保証はしないとクレジットカードの長所をそこそこ殺しているのでもはやクレジットカードではないと思います…僕自身、VISAのプリペイドを使いたくはないですし、皆さんにおすすめいたしません。

なので、このサイトでは、

  1. ANAJCBプリペイドカードを作る
  2. 3000円チャージする
  3. 1000円のバリューをもらってチャージする
  4. 4000円の商品を買って決済する

という流れをおすすめします!

[blogcard url=”https://www.ana.co.jp/amc/promo/ana-prepaidcard/″]

 

 

コメント