シンガポール航空のA380新ファーストクラスはすごい

ANAマイル

こんにちわ。なんごくです。今回は、シンガポール航空の新しいファーストクラスがえらいことになっていたのでお伝えします。

※以下画像はすべてシンガポール航空公式サイトより

[blogcard url=”http://a380.singaporeair.com/en_UK/#explore-the-new-A380″]

ファーストクラス

えー、まずはシンガポール航空直営のなんたらホテルの画像から…

 

 

 

そんなボケではありません。

これシンガポール航空のファーストクラスでございます。

シンガポール航空では、A380のファーストクラスはスイートと呼ばれており、まさに飛ぶホテルといっても過言ではありません。完全にシングルのホテルですw

でも、ご夫婦で旅行の時、これでは困ります。どちらかの座席に行かないといけませんからね。そんなあなたも大丈夫!

この壁、外せるんです。シングルの部屋がツインルームに早変わり。いいですね~。

えー座席と言いましたが、座席の向こうにはこのように壁で区切られておりますので座席というよりはお部屋という方が正しいかもしれません。すごいです。

プライベートモニターがしっかり備わっていますが、飛行機のモニターではないです。ホテルのテレビですこれはもう。こんなんが飛行機一台に6部屋もあるんですよ。A380って凄く大きい飛行機だとお分かりいただけますでしょうか。

これは、タイ航空のA380ですが、同じ機種です。迫力満点です…

ビジネスクラス

さて、ブルジョワな方々はスイートに泊まられますが、マイルなどで庶民でも手が届くビジネスクラスもちょこっとご紹介。

こちらが新しいビジネスクラスです。我々が想像していたファーストクラスってこんな感じではないでしょうか。これでもビジネスです。やばいです。でも、これはマイルで交換できますから、陸マイラーにとっては現実味がある座席ですね。フルフラットになりますから長時間の移動も楽ちんでございます。

座席間隔も十分、プライバシー性も確保できています。

ご夫婦でご旅行の方も安心、こちらも真ん中の壁は外せますのでまたまたツインの完成です。

プレミアムエコノミー

こちらはプレミアムエコノミー。ANAのB767機種のビジネスクラスのようですが、これでプレエコです。パーテーションこそないものの隣席とゆとりのある間隔。足も伸ばせて快適な旅が約束されています。

 

A380という夢のある旅客機

A380という大型の機種だからこそできる贅沢なレイアウト。日本の航空会社ではなかなか真似出来ないのではないでしょうか。

日本の航空会社ではANAがA380の導入を決定しています。ハワイ路線に導入するということですが、せっかくですからこのような贅沢なレイアウトで長距離便を運航できればいいのになと思っています。ANAはどうしてもビジネス顧客が最大のターゲットになっているのでビジネスクラスの座席をいかに快適にさせるかが今の戦略になっていますが、このような夢のある旅を再び提案してもらえるようになればと思います。

 

 

まあ、マイルでシンガポール航空のA380に乗ればいいんですけどね

 

 

シンガポール航空の新スイートについて詳しく掲載されているAviation Wireのページ

[blogcard url=”http://www.aviationwire.jp/archives/133895″]

コメント