2019年1月6日までに確認しておきたい!-出国税がらみ-

マイレージ

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本年もTMTLをよろしくどうぞ

新年も明けて、運がいい人は本日までお休みという方も多いのではないでしょうか。

のんびりしている暇はありません!この日曜日までにしなければならないことがあります!!

出国税!

皆さんご存知の通り、明日の国際線航空券発券分から出国税が新たに課税されます。ここのところ、増税ブームですが、航空券の世界でも例外ではありません。

出国税は、通常の航空券のほかマイルを使った特典航空券でも積算されます。

LCCの場合は、支払画面までいかないとこの税金が金額に加算されないことが多いので特に注意が必要です。価格比較の際は必ず諸税込みかなしかを確認しましょう。

出国税は一人1000円です。

徴収方法は、旅行会社・航空会社などを通じて航空券の運賃と一緒に徴収されます。出国税といいながらなんで航空会社経由なのかは謎ですが、お国が決めたことです。仕方ありません。

発券しているから大丈夫ではない!!

次の旅行はもう発券済みだから大丈夫とのんきに構えている人ほど注意が必要です!

次の旅行の日程はその日程・時刻で確定ですか?特典航空券にとりあえず交換しておいて、細かい便はあとから決めようと思ってほったらかしてはいませんか?

出国税は2019年1月7日発券分からの課税ですが、7日以降に変更した場合、追加で課税されます。

国内区間の変更の場合であっても、国際線の航空券扱いとなってしまうので便の変更一つでも課税されてしまいます。

皆様の搭乗券の特に国内区間をもう一度見直してみてください。ラウンジをたっぷり堪能したいのに、乗り継ぎ時間が短くないですか?地方の人は特に東京で長く滞在したい方は国内区間の航空便を今一度確認しておきましょう。

まとめ

  • 明日2019年1月7日から出国税が課税(一人1000円)
  • 2019年1月7日以降の発券・変更が対象
  • 国際線航空券の国内区間(乗り継ぎ用の国内線)の変更も課税対象
  • マイルを使った特典航空券発券済みの人も、搭乗便に変更がないか再確認を!!

コメント